鈴の音 から ころ 2

lunakayo.exblog.jp
ブログトップ

去年の暮は なんともかんとも

人生は なんども やり直せる しか~し やり直すには 早い方がいい 

→ 人間は 体力が あるほうがいい 私の場合 体力が 足りんかったようだ


私の 第二の人生は 32歳から はじまった。 何かないか? 自分に出来ること 興味がもてること

そう 夜遅くまで 一人で見ていた NHKのイタリア語講座 第一回目の あいさつから 始まった

深夜の 再放送だった。

一年みた。 

イタリア語習ってみたいな~ 始動


自分で イタリア語講座を 探す 電話をして 一日体験に 向かう

33歳の時だった


一日体験で 決定 初級コース 初めてのクラス ひさしぶりの学校 満員電車 先生と言う響き 教わるという 喜び 知らないことへの挑戦 

初めてのクラスで 私は 今でも 付き合っている 人と会う 縁

初めてのクラス みんなで キャンプ バーベキュー 温泉  先生も 驚くほどの コミュニケーションが 発達した クラスだった。 学校が 終わると みんなで 毎回食事 お話 楽しい会話

そんなことも そんなことも その学校では 初めてのことだったらしい 

個性が 強い人々 そして 私のつたない会話に 耳を傾けてくれる人  つきない楽しい会話をしてくれる友達 私の向かいに 座っている20歳の女の子の まぶしいくらいの笑顔に 嫉妬した。 私の20歳の時になかった 笑顔。 でも 始動している私には、ほんのひとときのまぶしさ。これから とりもどす 貪欲さがあった

初級から 中級に 上がる時も ほとんどの人が 辞めなかった。 そう 上級まで 4~5年居たかな?

辞める時 イタリア旅行に 出かけた 姉と 2人旅


私は バイトをしていた。 そうそう・・・・ 


35歳で パニック障害に なっていた。 いきなり息が できなくなる。 もっと吸わなければならない
死ぬという 恐怖 空気を 吸い続ける 息ができない。 

過呼吸である・・・・

いきなりの発作は 対抗処置が できないが 来るのが 分かると なんとなく頓服で やりすごす知恵


春 季節の変わり目のとき   道路に 失神する。 周りの人は 花見で 酔いつぶれていると 思ってくれている それでいい そうしなければ この人の為に 良くならなければと 過呼吸と 心臓の動悸がとまらない


春の 発作は おさまった。 もう 何年もない・・・・


イタリア語を 辞めたあと 人形工房に 入った それは、 イタリア語の友達のお母様が 通ってらっしゃった 紹介である。


私は 運がいい


去年の12月 仕事のストレスで・・・・ 帰りに お酒を買う毎日で あった。

私の ダメなところ 酔うと電話をする。 父も 酔うと電話をする 家系?


12月17日 その日は いつもより飲み また 電話 すみません

そして ストレス吐きたいとき ブログが つながらん う~む   日記は かかない


いつもより 睡眠薬を 2錠飲む・・・・ う~ん 記憶がなくなる。

どうも 目が覚めると 離れて暮らしていた 姉が 横にいて 病院に 電話を かけていた。
ん? 実家に電話したのか? 寝たいけど 寝るなと言う 姉。

どうも 寝させてくれない。 そう してはいけないことを したらしい。
生きたい人がいる。 どうも 馬鹿なわたしは、 どこかに 行こうとしたらしい。



今年は 体力の限界を 感じ その上 記憶力の低下 

やり直すのは 早い方がいいのだ。 幸せは 近い所にある。
想像力もある  手放してきた人の縁を もう一度 つなぐことは 難しい 正直に 生きること

先をみたら 目まいがする 今のことを 考える 自分で 手放す縁 手放される縁 そのままフェードアウトしていく縁 ドラマみたいな変化は そうそう起きない 


自分から アクションをかけていくには 少々 疲れてきたの 休もう

生きる 食べる 寝れる お風呂に入る 幸せ 


雪の 京都タワー

c0336782_23504499.jpg
 

c0336782_23511254.jpg



今年の 目標は う~ん  やっぱり ちょっと  のんびりしたいやん

人形工房も やめたいやん そやけど・・・やめられへんやん

事情がありすぎる・・・・

酔って 夜遅くに 電話して ごめんなさい。

c0336782_23535229.jpg


反省してるんよ
[PR]
by mimoza113a | 2015-01-16 23:56